ウイザードに大切なこと 本文へジャンプ
C/C++ 台北猫々ライブラリ

C/C++のクラス・小技集です。
※WindowsXPについてはWindowsのコンパイル環境を構築しよう!で構築した環境を使用しています。



★詳細
■TCPのSocketクライアントクラス V.1.0.7
・対応環境:Linux(Fedora8), WindowsXP SP2
・ソース
Socket.src.zip(ソース)
【内容】
Socket.cpp
Socket.h
socket_main.cpp (windows・Fedora共用テストコード)
ReadMe.txt(ソケットクラスについての説明
・Visual C++ 2008 プロジェクト
Socket.zip

※WindowsXPでは、参照ライブラリに"Ws2_32.lib"を追加してくださいね。
※文字コードはSJISで作っていますのでLinuxでは注意。

クラス定義を見る

先頭へ
■生Socketクライアントクラス V.1.0.3
・対応環境:Linux(Fedora8), WindowsXP SP2
・Socketクラス V.1.0.7 〜に対応
・ソース
RawSocket.src.zip(ソース)
【内容】
RawSocket.cpp
RawSocket.h
main.cpp (windows・Fedora共用テストコード)
ReadMe.txt(クラスについての説明)
・Visual C++ 2008 プロジェクト
RawSocket.zip

※WindowsXPでは、参照ライブラリに"Ws2_32.lib"を追加してくださいね。
※文字コードはSJISで作っていますのでLinuxでは注意。

クラス定義を見る

先頭へ
■Socketストリームクラス V.1.0.6
 Socketクラスの入出力を高水準的に扱えるようにします。
・対応環境:Linux(Fedora8), WindowsXP SP2
・ソース
SocketStream.src.zip
【内容】
SocketStream.cpp
SocketStream.h
ss_main.cpp (windows・Fedora共用テストコード)
ReadMe.txt(クラスについての説明)
・Visual C++ 2005 プロジェクト
SocketStream.zip

※WindowsXPでは、参照ライブラリに"Ws2_32.lib"を追加してくださいね。
※文字コードはSJISで作っていますのでLinuxでは注意。


クラス定義を見る

先頭へ
■サーバSocketクラス
 Socketのサーバ側処理を行います。
・対応環境:Linux(Fedora8), WindowsXP SP2
・ソース
ServerSocket.src.zip
【内容】
ServerSocket.cpp
ServerSocket.h
main.cpp (windows・Fedora共用テストコード)
ReadMe.txt(クラスについての説明)
・Visual C++ 2005 プロジェクト
ServerSocket.zip

※WindowsXPでは、参照ライブラリに"Ws2_32.lib"を追加してくださいね。
※文字コードはSJISで作っていますのでLinuxでは注意。


クラス定義を見る

先頭へ
■HTTPクライアントクラス
 HTTPクライアント処理(GET, POST)を行います。
・対応環境:Linux(Fedora8), WindowsXP SP2
・ソース
HttpURLConnection.src.zip
【内容】
HttpURLConnection.cpp
HttpURLConnection.h
main.cpp (windows・Fedora共用テストコード)
ReadMe.txt(クラスについての説明)
・Visual C++ 2005 プロジェクト
HttpURLConnection.zip

※WindowsXPでは、参照ライブラリを"kernel32.lib Ws2_32.lib icuuc.lib user32.lib gdi32.lib winspool.lib comdlg32.lib advapi32.lib shell32.lib ole32.lib oleaut32.lib uuid.lib"として下さい。 "CodeChangerクラス"を使用しないなら"icuuc.lib"は除外しても大丈夫です。
※文字コードはSJISで作っていますのでLinuxでは注意。


クラス定義を見る

先頭へ
■WebサービスRESTクライアント
 WebサービスRESTクライアント処理(GET, POST)を行います。
・対応環境:Linux(Fedora8), WindowsXP SP2
・ソース
RESTClient.src.zip
【内容】
RESTClient.cpp
RESTClient.h
main.cpp (windows・Fedora共用テストコード)
ReadMe.txt(クラスについての説明)
・Visual C++ 2005 プロジェクト
RESTClient.zip

※WindowsXPでは、参照ライブラリに"Ws2_32.lib"を追加してくださいね。
※文字コードはSJISで作っていますのでLinuxでは注意。


クラス定義を見る

先頭へ
■ソケットユーティリティ
 ソケット関連のヘルパー的な処理を行います。
・対応環境:Linux(Fedora8), WindowsXP SP2
・ソース
SocketUtil.src.zip
【内容】
SocketUtil.h
main.cpp (windows・Fedora共用テストコード)
ReadMe.txt(クラスについての説明)
・Visual C++ 2008 プロジェクト
SocketUtil.zip

※WindowsXPでは、参照ライブラリに"Ws2_32.lib"と"iphlpapi.lib"を追加してくださいね。
※文字コードはSJISで作っていますのでLinuxでは注意。


クラス定義を見る

先頭へ
■ステルススキャンクラス
 SYNスキャンなどのポートスキャンを行います。
・対応環境:Linux(Fedora)
・ソース
StealthScanner.src.zip
【内容】
StealthScanner.cpp
StealthScanner.h
Socket.cpp
Socket.h
RawSocket.cpp
RawSocket.h
SocketUtil.h
main.cpp
ReadMe.txt(クラスについての説明)
・Visual C++ 2008 プロジェクト
StealthScanner.zip

※WindowsXPでは、参照ライブラリに"Ws2_32.lib"と"iphlpapi.lib"を追加してくださいね。
※文字コードはSJISで作っていますのでLinuxでは注意。


クラス定義を見る

先頭へ
■ミューテックスクラス
・対応環境:Linux(Fedora8), WindowsXP SP2
・ソース
Mutex.src.zip(ソース)
【内容】
Mutex.cpp
Mutex.h

※文字コードはSJISで作っていますのでLinuxでは注意。

先頭へ
■ディレクトリ内のファイルリスト取得クラス
・対応環境:Linux(Fedora8), WindowsXP SP2
・ソース
DirList.src.zip
【内容】
DirList.cpp
DirList.h
main.cpp (windows・Fedora共用テストコード)
・Visual C++ 2005 プロジェクト
DirList.zip

※文字コードはSJISで作っていますのでLinuxでは注意。

クラス定義を見る

先頭へ
■CSVファイル読み込みクラス
・対応環境:Linux(Fedora8), WindowsXP SP2
・ソース
CSVReader.src.zip
【内容】
CSVReader.cpp
CSVReader.h
ReadMe.txt(クラスについての説明)
main.cpp (windows・Fedora共用テスト用ソース)
・Visual C++ 2005 プロジェクト
CSVReader.zip

※文字コードはSJISで作っていますのでLinuxでは注意。


クラス定義を見る

先頭へ
■プロパティファイル読み込みクラス
・対応環境:Linux(Fedora8), WindowsXP SP2
・ソース
Properties.src.zip
【内容】
Properties.cpp
Properties.h
ReadMe.txt(クラスについての説明)
main.cpp (windows・Fedora共用テスト用ソース)
test.properties (windows・Fedora共用テストデータファイル)
・Visual C++ 2005 プロジェクト
CSVReader.zip

※文字コードはSJISで作っていますのでLinuxでは注意。


クラス定義を見る

先頭へ
■ファイル操作ユーティリティクラス
・対応環境:Linux(Fedora8), WindowsXP SP2
・ソース
FileUtil.src.zip
【内容】
FileUtil.h
ReadMe.txt(クラスについての説明)
main.cpp (windows・Fedora共用テスト用ソース)
・Visual C++ 2005 プロジェクト
FileUtil.zip

※文字コードはSJISで作っていますのでLinuxでは注意。


クラス定義を見る

先頭へ
■文字列分割クラス
・対応環境:Linux(Fedora8), WindowsXP SP2
・ソース
StringTokenizer.src.zip
【内容】
StringTokenizer.cpp
StringTokenizer.h
token_main.cpp (windows・Fedora共用テスト用ソース)
・Visual C++ 2005 プロジェクト
StringTokenizer.zip

※文字コードはSJISで作っていますのでLinuxでは注意。


先頭へ
■スレッド操作クラス
・対応環境:Linux(Fedora8), WindowsXP SP2
・ソース
Thread.src.zip
【内容】
Thread.cpp
Thread.h
ReadMe.txt(スレッドクラスについての説明)
SkeltonThread.cpp(Threadクラスを継承する子クラスのスケルトン)
SkeltonThread.h(Threadクラスを継承する子クラスのスケルトン)
HelloThread.cpp (Threadクラスの子クラスのサンプル)
HelloThread.h (Threadクラスの子クラスのサンプル)
thread_main.cpp (HelloThreadクラスのmain Windows・Fedora共用)
・Visual C++ 2005 プロジェクト
Thread.zip

※文字コードはSJISで作っていますのでLinuxでは注意。
※Linuxでは、pthreadを使用しているので、コンパイル時に"-lpthread"が必要です。


クラス定義を見る

先頭へ
■URLエンコード/デコードクラス
 Linux/Windows共用のURLエンコード/デコードを行います。
・対応環境:Linux(Fedora8), WindowsXP SP2
・ソース
URLEncoder.src.zip
【内容】
URLEncoder.h
main.cpp (windows・Fedora共用テストコード)
ReadMe.txt(クラスについての説明)
・Visual C++ 2005 プロジェクト
URLEncoder.zip

※文字コードはSJISで作っていますのでLinuxでは注意。


クラス定義を見る

先頭へ
■BASE64エンコード/デコードクラス
 Linux/Windows共用のURLエンコード/デコードを行います。
・対応環境:Linux(Fedora8), WindowsXP SP2
・ソース
Base64Encoder.src.zip
【内容】
URLEncoder.h
main.cpp (windows・Fedora共用テストコード)
ReadMe.txt(クラスについての説明)
・Visual C++ 2005 プロジェクト
Base64Encoder.zip

※文字コードはSJISで作っていますのでLinuxでは注意。


クラス定義を見る

先頭へ
■文字コード変換クラス
 Linux/Windows共用の文字コード変換を行います。
(IBM ICUのラッパーというだけなんですけどね・・・(^^;
・変換
 SJIS ←→ UTF8
 EUC ←→ UTF8
・対応環境:Linux(Fedora8), WindowsXP SP2
・ソース
CodeChanger.src.zip
【内容】
CodeChanger.h
main.cpp (windows・Fedora共用テストコード)
ReadMe.txt(クラスについての説明)
utf8_src.txt(テスト用データファイル)
・Visual C++ 2005 プロジェクト
CodeChanger.zip

※文字コードはSJISで作っていますのでLinuxでは注意。


クラス定義を見る

先頭へ
■STL補完ユーティリティクラス
 Linux/Windows共用でSTLライブラリの補完処理を行います。
(1)string文字列分割処理
(2)stringトリミング処理
(3)文字列比較(大文字/小文字区別なし)処理
・対応環境:Linux(Fedora8), WindowsXP SP2
・ソース
StdUtil.src.zip
【内容】
StdUtil.h
main.cpp (windows・Fedora共用テストコード)
ReadMe.txt(クラスについての説明)
・Visual C++ 2005 プロジェクト
StdUtil.zip

※文字コードはSJISで作っていますのでLinuxでは注意。


クラス定義を見る

Copyright (C) 2007-2008. 台北猫々